太陽光発電部会第10回セミナー「太陽光発電システムの火災リスク対策における現状と課題(3)」


日時:2014年6月4日(水) 9:50~18:00

場所:(株)東陽テクニカ/本社・第1セミナー室(東京都中央区八重洲)


プログラム(敬称略)

  • 【基調講演】住宅品確確保法に基づく住宅性能表示制度の概要(一般社団法人住宅性能評価・表示協会 齋藤卓三)
  • 【招待講演】住宅等建物における火災安全設計の現状と課題(東京理科大学 松山賢)
  • バイパス回路故障事例と火災リスク(産業技術総合研究所 加藤和彦)
  • ライトニングトーク【ジャンクションボックスの設計方法の考え方】
    • 新電元工業株式会社 末元竜二
    • JX日鉱日石エネルギー株式会社 石井隆文
    • 長州産業株式会社 山崎敏晴
    • 三菱電機株式会社 中園慎治
  • ホットスポット過酷条件の実験(名城大学 山中三四郎)
  • 太陽電池を設置した屋根との隙間状況(株式会社島電気商会 北川孝太郎)
  • UL1703燃焼試験の考え方(株式会社ケミトックス 望月三也)
  • 太陽電池モジュールの延焼性実験(東京消防庁 五十嵐勝治)
  • バイパスダイオードの熱暴走試験について/ダイオードのジャンクション温度測定について(一般財団法人電気安全環境研究所 内田泰徳)
  • バイパスダイオード(junction box)の信頼性試験(テュフラインランドジャパン株式会社 津野裕紀)
  • 配線探査機によるバイパス回路故障の調査方法(株式会社戸上電機製作所 片渕健)
  • オンサイトでのバイパス回路故障の検知方法(日本カーネルシステム株式会社 浅井順)